【薬学博士監修】くすみ汚れ対策には正しいクレンジングが大切!目の周りのくすみ対策もご紹介

朝、鏡を見て「顔がくすんでいる」と感じていませんか?顔には、日々の汚れや古い角質などが残っている場合があります。そのような「お肌のくすみ汚れ」は、放っておくと肌荒れの原因になってしまいます。


この記事を読むと、くすみ汚れに関する以下の内容を知ることができます。

  • くすみ汚れにはクレンジングが効果的である
  • くすみの原因はクレンジング不足が関与している
  • 目の周りのくすみの解消にもクレンジングが有効である
  • くすみ汚れを一掃できるクレンジングとはどのような製品か

毎日のクレンジングで、肌のくすみ汚れを残さないためのケアを始めましょう。まずは、くすみ汚れに対するクレンジングの効果を知っていきましょう。

くすみ汚れ対策には正しいクレンジングが大切

 

目次

 

くすみ汚れ対策には「クレンジング」が効果的

くすみ汚れ対策には「クレンジング」が効果的

 

くすみ汚れを改善するためには、クレンジングが効果的です。肌に合う製品で正しくクレンジングをすると、くすみの原因となる「汚れ」を洗い流せます。

 

毎日洗顔をしていても、顔には汚れや皮脂・古い角質などが残ってしまうことがあります。皮脂や汚れは、酸化するとさらに落ちにくくなり、毛穴詰まりに進行してしまうことも。まずは、くすみの原因になる汚れや皮脂を正しくクレンジングができているか、見直してみましょう。

 

例えスキンケアを続けていても、クレンジング不足のお肌は「くすみ」が目立つようになってしまうのです。次の章では、くすみの原因について説明していきます。

 

くすみの原因はクレンジング不足?

くすみの原因はクレンジング不足

 

お肌のくすみトラブルは、間違ったクレンジング方法で引き起こります。汚れが正しく落とせていなかったり、肌に合う製品を使ってクレンジングをしていなかったりすると、付着した汚れによって肌がくすんでしまうのです。

 

クレンジング不足によるくすみの原因は、以下の3つが考えられます。

  • 毛穴に汚れが詰まっている
  • 古い角質が溜まっている
  • アイメイクが落ちきれずに目の周りがくすむ

くすみを改善するためには、クレンジングケアで毛穴の汚れや角質・メイク汚れを洗い流す必要があります。3つの原因を、さらに詳しく解説していきます。

 

くすみの原因 ① 毛穴汚れとその解決策

すみの原因 ① 毛穴汚れとその解決策

 

毛穴に詰まった皮脂やメイクは、くすみの原因になります。毛穴に汚れが詰まるのは、分泌された皮脂がクレンジング不足により残ってしまうからです。肌に残った日焼け止めやメイク下地などが、毛穴に入り込んで詰まってしまう可能性もあります。

 

毛穴に詰まった汚れは時間が経つにつれて酸化して、黒ずみに変わっていきます。顔全体をくすませて見せてしまうのです。

 

毛穴汚れの解決策

使用しているクレンジング製品を見直して、毛穴の汚れまでしっかり落とすようにしましょう。ポイントは、汚れを浮かせて落とすクレンジング料を選ぶことです。

 

毛穴汚れには、拭き取りタイプよりもオイルやバームタイプのクレンジング料が適しています。オイルやバームタイプのクレンジング料は油成分がたくさん配合されているため、油分でできているメイク汚れや毛穴に詰まった皮脂に馴染みやすい特徴があるからです。

 

さらに、クレンジングをするときに、指で丁寧に馴染ませながらメイクや皮脂汚れをスムーズに浮かせて洗えるため、毛穴の汚れが浮きやすくなります。

 

特に、日焼け止めやウォータープルーフ下地などの落ちにくい製品を使用した日は、クレンジングに時間をかけてあげましょう。

 

くすみの原因 ② 溜まった角質とその解決策

くすみの原因 ② 溜まった角質とその解決策

 

肌に溜まった古い角質は、くすみの原因になります。お肌は通常、約28日周期で古い角質が剥がれ落ち新い角質に生まれ変わります。

 

しかし、体調や外部環境などの影響を受けると、肌の生まれ変わりのサイクルは乱れてしまうのです。不要な角質が肌に停滞したままになっていると、肌本来の透明感がなくなり「くすみ」を感じるようになってしまいます。

 

溜まった角質解決策

クレンジングで、角質ケアを取り入れましょう。スクラブなどのスペシャルクレンジングを取り入れるのも良いですが、繊細肌や乾燥肌には刺激となる可能性があります。

 

おすすめは、毎日のクレンジングで古い角質が残りにくくするお手入れ方を取り入れることです。毎日使えるクレンジング料で、角質ケアができる製品を選ぶようにしましょう。パックができるクレンジングや、毛穴への洗浄力が高い成分が配合されている製品が適しています。

 

くすみの原因 ③ 目の周りのアイメイク汚れとその解決策

 くすみの原因 ③ 目の周りのアイメイク汚れとその解決策

 

アイメイクが落ちきっていないと、色素沈着を引き起こして目の周りがくすんでしまいます。目の周りは、お顔の印象を決めてしまう大切なパーツです。他の肌よりもが薄く、たくさんの血管があるのでくすみが目立ちやすいのです。アイメイクをした日は、アイライナーやマスカラなどもしっかりと落とすようにしましょう。

 

目の周りのくすみ解決策

特に肌が薄い部分、目の周りにくすみを形成させないためには、ダブル洗顔が不要の、洗浄力が高いクレンジング剤を使用しましょう。「ダブル洗顔不要」のクレンジング製品は、肌を擦る回数を最小限に抑えることができます。

 

 

アイメイクを奇麗に落とすために、ダブル洗顔不要のバームやオイルタイプのクレンジングを使うようにしましょう。それらのクレンジングは洗浄力が高く、肌へのクッションになるような質感もあるため、肌をゴシゴシと擦ることを避けることができるのです。

 

また、バームやオイルタイプのクレンジングの中から保湿成分が配合されている製品を選ぶようにしましょう。保湿力が高い製品は、肌を乾燥させにくいので、乾燥による目の周りのくすみ対策になります。

 

さらに、バームやオイルタイプのクレンジングは、滑りが良いため目の周りのマッサージができる製品も存在します。目の周りのマッサージは、血行促進に効果的。血行不良が原因のくすみ対策としてもおすすめです。

 

くすみ対策はクレンジング選びから

くすみ対策はクレンジング選びから

 

肌のくすみを予防するには、正しいクレンジングが重要であることがわかりました。くすみ汚れを肌に残さないためにも、洗浄力の高いクレンジングを選ぶようにしましょう。肌への優しい使い心地も考慮している、洗浄力が高いクレンジングをご紹介します。

 

くすみ汚れを落とすクレンジング「ウォータリーバーム」

くすみ汚れを落とすクレンジング「ウォータリーバーム」

 

クレンジングの専門家集団が開発したブランド「RIMEDO(リメド)」から発売している、「ウォータリーバーム」は、くすみ汚れ対策に効果的です。

 

「ウォータリーバーム」の特徴を、まとめてご紹介します。

  • 美容液のようにとろける水感バームで汚れを浮かせて落とす
  • クレイやブラックチャコール(炭)、黒の成分配合で、毛穴汚れをしっかり落とす
  • ダブル洗顔不要の高い洗浄力と摩擦軽減の質感
  • 弱酸性・アルコールやパラベンフリー処方で肌に優しい使い心地と高い保湿力
  • マッサージやクレンジングパックとしても使用できる

「RIMEDO(リメド)」のクレンジングは、肌に優しい使い心地で高い洗浄力があるのがポイント。あらゆる肌質に使用できる、弱酸性のクレンジングです。「リメドウォータリーバーム」には、毛穴ケアに繋がるモロッコ溶岩クレイや炭成分も配合されているので、くすみ汚れをしっかりと洗い流してくれます。

 

また、独自のハイブリッド型乳化技術で実現したクッション層状構造で摩擦を軽減しつつ、ウォータープルーフメイクまでしっかりと絡め取ります。目の周りのくすみ対策としても、おすすめのクレンジングです。



クレンジング専門ブランドの「ウォータリーバーム」は、こちらから詳しくチェックができます。どのクレンジングを使用するべきか悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

くすみ汚れを感じたら「クレンジング」を見直そう

「肌がくすんでいる」と感じたら、まずはクレンジングを見直すことが改善の近道です。毎日のお手入れを続けて、輝くように明るい素肌を育てていきましょう。


監修者:東京大学 薬学博士 杜 垚

監修者

薬学博士・杜 垚

東京大学農学部を首席の成績で卒業、同年東京大学農学部長賞を受賞。
東京大学大学院薬学系研究科で分子薬学博士号を取得。
大手化粧品会社にてスキンケア、ヘアケア、クレンジングの研究開発や成分配合に長年従事。
2020年株式会社Merry Plusを設立、代表取締役に就任。

関連記事一覧