乾燥肌は「洗顔しない」ほうがいい?正しい洗顔方法を身につけよう

「たっぷりの保湿ケアをしているのに乾燥してしまう・・・」もしかしたら、乾燥の原因は間違った洗顔方法かもしれません。お肌の乾燥は、くすみやカサつき、小ジワなどのさまざまな悩みを引き起こします。放っておくと乾燥悩みは深刻化する可能性もあるのです。

 

この記事では、乾燥悩みが深刻化する前に知っておきたい以下の内容をまとめています。

  • 乾燥肌に洗顔は必要なのか
  • 乾燥肌の正しい洗顔方法
  • 乾燥肌が洗顔料を選ぶ時の注意点 

記事を読んで、乾燥肌ケアができる洗顔方法や注意点を知っていきましょう。まずは、乾燥肌は「洗顔しない」ほうがいいのか?その答えから解説していきます。

 

乾燥肌は「洗顔しない」ほうがいい?正しい洗顔方法を身につけよう
目次

 

乾燥肌は「洗顔しない」ほうがいいい?

乾燥肌でも毎日の洗顔はする必要がある

 

乾燥肌でも、毎日の洗顔はする必要があります。ですが、必要以上の洗顔は肌に必要な油分までを流してしまうため、おすすめできません。

 

肌を乾燥させる「必要以上の洗顔」とは

「必要以上の洗顔」の例を、いくつか見ていきましょう。以下のような洗顔方法は、乾燥肌を引き起こしている可能性があります。

  • 朝と夜以外にも頻繁に洗顔をしている
  • どんな場合でもダブル洗顔を行っている
  • 朝の洗顔に洗顔料を使用している

乾燥肌は、肌の潤いを守りながら汚れを落とすべきです。そのためには、3つの例のような必要以上の洗顔を避けることが重要なのです。

 

乾燥肌は「潤いを守りながら洗う」ことが大切

乾燥肌の洗顔は、必要以上に肌の油分を洗い流さないようにすることが大切です。乾燥肌に必要な洗顔は1日2回だけ。夜は汚れを落とすためにクレンジング料を使用しますが、使用する製品に「ダブル洗顔不要」と記載されている場合は、その後の洗顔は不要です。

 

また、朝に必ず洗顔料を使っている人は「潤いを守る油分」まで洗い流している可能性があります。朝は、ぬるま湯或いは冷たすぎない冷水のみで顔を洗いましょう。

 

次の章では、乾燥肌の正しい洗顔方法をまとめています。普段の洗顔方法を見直すきっかけにしてみてください。

 

乾燥肌の正しい洗顔方法

乾燥肌の正しい洗顔方法 

乾燥肌の正しい洗顔方法を、朝と夜に分けてご紹介していきます。

 

正しい洗顔方法【朝の洗顔】

朝の洗顔には洗顔料は不要です。ぬるま湯或いは冷たすぎない冷水で優しく洗っていきましょう。

  1. お湯場合は32°C前後のぬるめのお湯を使用する
  2. 両手で器を作るようにお湯をためて、顔に当てるようにして洗う
  3. 5回〜8回程度繰り返したら、柔らかいタオルで水気をとる

洗顔に使用するお湯が熱すぎると、肌の刺激になり潤い膜も流されてしまいます。洗顔時にはぬるま湯或いは冷たすぎない冷水を使うようにしましょう。顔をゴシゴシ擦るのもNG。両手で溜めたお湯を顔に数回当てて洗うようにしてください。

 

正しい洗顔方法【夜の洗顔】

夜はクレンジング料を使用しましょう。乾燥肌には「ダブル洗顔不要」の製品が理想ですが、洗顔が必要な場合はクレンジング後に洗顔料を使って洗います。

  1. クレンジング前に、ハンドソープで手を洗う
  2. クレンジング料を商品に記載されている使用量までたっぷりと取り、Tゾーンから顔全体に伸ばす顔全体に馴染ませていく
  3. 32°C前後のぬるめのお湯で洗い流していく
  4. 肌を擦らず、両手で器を作るようにお湯をためて、顔に当てるようにしてすすぐ
  5. クレンジング料が完全に流れるまでしっかりとすすぐ
  6. 洗顔が必要な場合は、洗顔料を泡立てる
  7. 洗顔料をTゾーンから顔全体に馴染ませる
  8. 32°C前後のぬるめのお湯で洗い流していく
  9. 洗顔料が完全に流れるまでしっかりとすすぐ
  10. 柔らかいタオルで水気をとる

刺激にならないように熱すぎないぬるま湯(3032℃程度)を使いましょう。クレンジング料や洗顔料の残りが顔についていると、肌荒れの原因になります。完全に流れるまでよくすすいで、最後は柔らかいタオルで水気をとりましょう。

乾燥肌は、洗顔に何を使うのかも非常に重要です。次の章では、乾燥肌が洗顔を選ぶ時の3つの注意点をご紹介します。

 

乾燥肌が洗顔を選ぶ時の3つの注意点

乾燥肌が洗顔を選ぶ時の3つの注意点

 

乾燥肌の洗顔に使用する製品は、以下の3つの注意点を考慮して選んでください。

  • ダブル洗顔不要と記載があるかどうか
  • 保湿成分が配合されているかどうか
  • 肌への刺激となる可能性がある成分は配合されていないか

洗顔のしすぎは、乾燥肌になる原因の一つです。洗顔が必要ない「ダブル洗顔不要」のものや、保湿成分が配合されているものを選んでください。肌への優しい使い心地を考慮している製品であれば、「刺激となる可能性がある成分」は配合されていないでしょう。

洗顔製品を選ぶ時の参考になるように、必要な成分名をまとめました。

  

「保湿成分」

洗顔製品を選ぶ時は、以下の保湿成分が配合されている製品がおすすめです。洗顔をしながら、肌の潤いを守ってくれるでしょう。

 

保湿におすすめの成分

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・グリセリン

・植物由来のエキス

・温泉水使用 など

「刺激となる可能性がある成分」

化粧品に配合されている成分の中には、人によって「刺激になる」可能性がある成分も存在します。乾燥肌は、通常よりも肌がデリケートになっている状態です。以下の成分入りの製品は、避けておくほうが安心でしょう。


「刺激となる可能性がある成分」

・パラベン

・アルコール

・合成着色料

・鉱物油

石油系界面活性剤

・せっけん系界面活性剤 など


 

これらが配合されていない製品には、「〇〇フリー」という記載があります。製品購入時には、パッケージを確認してみてください。


次の章では、乾燥肌におすすめできるクレンジング専門ブランドをご紹介します。何を使ったら良いか悩んでいる人は、まずはこちらをチェックしてみてください。

 

乾燥肌は優しい使い心地の「RIMEDO(リメド)」をチェック

乾燥肌は優しい使い心地の「RIMEDO(リメド)」

 

乾燥肌におすすめできるクレンジング専門ブランド「RIMEDO(リメド)」は、肌への優しさを考慮して作られているブランドです。

製品は、乾燥肌やデリケートな肌状態に特化して考えられているので、パラベンやアルコールなどもフリー。保湿成分には、温泉水や植物由来のエキスを使用しています。

 

「RIMEDO(リメド)」のおすすめポイント

クレンジング専門ブランド「RIMEDO(リメド)」のおすすめポイントをまとめました。

  • 乾燥状態に合わせて、バーム・リキッド・ムースタイプの3種類から選べる
  • メイクが落とせてダブル洗顔不要
  • 極上の使用感と潤いにこだわった植物由来洗浄成分100
  • お肌に優しい使い心地
  • 保湿成分配合(温泉水、グリセリンなど) 

乾燥状態に合わせて洗顔料の形状が選べるので、幅広い症状の乾燥肌におすすめができます。保湿成分配合、ダブル洗顔も不要なので、肌の潤いは守りながら洗える洗顔料です。乾燥肌を考え抜いたクレンジングブランド「RIMEDO(リメド)」を、ぜひチェックしておいてください。

 

乾燥に負けない「潤いのある肌」へ

乾燥肌の洗顔は、必要以上に油分を洗い流さないことが大切です。正しい洗顔方法で、肌に優しい使い心地の製品を使うこともポイントでした。今の洗顔を見直して、乾燥に負けない「潤いのある肌」を育てていきましょう。 

関連記事一覧