【薬学博士監修】敏感肌や乾燥肌におすすめのクレンジングとは?方法別について解説します

クレンジングはメイク落としに欠かせない行程なので、帰宅した後に行う必要性があります。しかし、敏感肌や乾燥肌の人は、使用するクレンジング剤に注意しないと肌の状態を悪化させてしまう恐れがあるでしょう。


クレンジングの方法は多くあるので、クレンジング選びに戸惑った経験はありませんか?クレンジング剤を吟味すれば敏感肌や乾燥肌の人でも効率良くメイクを落とすことができます。それでは、敏感肌や乾燥肌の人におすすめのクレンジング方法についてご説明しましょう。

敏感肌や乾燥肌におすすめのクレンジングとは?方法別について解説します

 

目次

 

そもそもクレンジングとは?洗顔じゃダメなの?

そもそもクレンジングとは?洗顔じゃダメなの?

クレンジングはメイクを落とすための方法ですが、洗顔でもメイクを落とすことはできるので洗顔でもいいのではないかと思う人もいるのではないでしょうか?

しかし、クレンジングと洗顔では大きな違いがあります。

洗顔を行う時は基本的に洗顔料を使いますが、洗顔の目的は古い角質やホコリなどの水性の汚れを洗い流すために行われるものです。肌のターンオーバーや美容のために洗顔を行うのはとても重要ですが、メイクを落とす目的で行うのには向いていません。

クレンジング剤は主に当日中に行ったメイクを落とす際に必要なもので、メイクや油汚れ、皮脂汚れ、毛穴に詰まった角栓などの油性の汚れを洗い流すのに必要です。

クレンジング選びで大事なのは、メイクを落とす洗浄力だけではありません。「肌質に合うか」「メイクの種類に合うか」など、以下のポイントを押さえて選びましょう。

 

敏感肌や乾燥肌の人におすすめしないクレンジングとは?

クレンジング剤は種類によって洗浄力が違い、中には敏感肌や乾燥肌の人が使うと状態を悪化させる恐れがある種類があるので、どの種類が肌に刺激を与えてしまうのか知っておく必要性があります。特にメイクを頻繁にする人は、メイクを落とす洗浄力だけで選ぶ傾向がありますが、洗浄力が強いクレンジング剤は肌に刺激を与えてしまう可能性があるので要注意です。

それでは、敏感肌や乾燥肌の人におすすめしないクレンジングについてご説明しましょう。

 

クレンジングオイル

クレンジングオイル

クレンジングオイルはクレンジングの中で特に洗浄力が強く、油分でできているメイクに馴染みやすい特徴があります。肌に馴染みやすく、メイクや皮脂汚れをスムーズに浮かせて落とすので、濃いめのメイクでも難なく落とせます。クレンジングオイルがあれば他のクレンジングが必要ないくらいしっかりとメイクを落とすことができますが、敏感肌や乾燥肌の人にはおすすめできません。

洗浄力が強すぎるので、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、肌が保湿できなくなって乾燥する原因になってしまうのが難点です。このことから、乾燥肌や敏感肌には向いていないクレンジングだと言えるでしょう。

 

クレンジングシート

クレンジングシート

 

クレンジングシートはシートでメイクをサッと拭き取るだけで簡単にメイクが落とせるのが最大のメリットです。

しかし、たまに使う分にはいいですが、毎日使うのはおすすめしません。クレンジングシートは洗浄成分として水と界面活性剤が多く配合されているため、メイクや皮脂汚れなどの油性の汚れを落とすのにどうしてもシートで肌を擦る必要があります。肌を擦るので摩擦によって負担をかけてしまうため、敏感肌や乾燥肌の人は状態が悪化する可能性が高いので使用しないようにしましょう。

 

クレンジングウォーター

クレンジングウォーター

 

クレンジングウォーターは水が主成分のクレンジングで、コットンにクレンジングウォーターを適量出して拭き取っていくのが特徴です。

主成分が水なので洗浄力は弱いものの、洗い流す必要性がありません。ただ、コットンで拭き取る性質上、肌に摩擦を与えてしまうので乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要です。

 

敏感肌や乾燥肌の人におすすめのクレンジング方法!

上記でご説明したような洗浄力が強いクレンジング剤は肌に刺激を与えてしまうのでおすすめできませんが、肌に刺激を与えない優しいクレンジング剤もあります。敏感肌や乾燥肌の人は、肌に刺激を与えないクレンジング剤を使うのがおすすめです。

それでは、敏感肌や乾燥肌の人におすすめのクレンジング方法についてご説明しましょう。

 

クレンジングバーム

クレンジングバーム

 

クレンジングバームは敏感肌や乾燥肌の人におすすめできるものです。

手のひらで広げると液状になるのがポイントで、高いクレンジング力を持つのにダブル洗顔がいらないので余計に肌を擦る必要性がありません。しかも基本的に刺激を与えるような成分も配合されていないため、肌に優しいので敏感肌や乾燥肌の人も安心して使用できます。ウォータープルーフマスカラや日焼け止めなどをきれいに落としたいという方におすすめです。

 

クレンジングジェル

クレンジングジェル

 

クレンジングジェルには油性と水性の2種類があります。

油性タイプのクレンジングジェルは乾燥肌や敏感肌の人におすすめのクレンジングです。ジェル状でとろりとしたテクスチャーで厚みがあるのが特徴で、クレンジングをする時に肌を擦る必要がないので摩擦によって肌に与える負担が抑えられます。また、油性タイプの方が一般的に洗浄力が高めで、洗い上がりのつっぱり感が少ないため、メイクをしっかり落としたいという方におすすめです。

水性タイプはテクスチャーが薄く、敏感肌や敏感肌でも使えるようになっています。ただ、洗浄力は控えめなので軽いメイクを落としたいという方におすすめです。

 

クレンジングミルク・クリーム

クレンジングミルク・クリーム

 

クレンジングミルクやクレンジングクリームも敏感肌や乾燥肌の人におすすめです。


クリームタイプは油分が多めですが、ミルクタイプも基本的に油分、水分と界面活性剤の配合バランスが良いので肌の乾燥を防ぐのに効果的です。乳液のようにテクスチャーが少し厚めになっているので肌への摩擦を抑えてくれますし、洗浄力もあまり高くないことから乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。

 

無添加クレンジング

無添加クレンジング

 

クレンジング剤の中には合成着色料を初めとする添加物が配合されていることがありますが、乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめできません。

また、防腐剤やアルコール、合成香料、合成着色料、添加物は基本的に市販のクレンジング剤に多く含まれています。これらの添加物は清涼感を与えたり色や香りをつけたり、雑菌の増殖を防ぐといった目的で配合されています

これらの添加物は肌の弱い方が使うと赤みやかゆみが出たり、アレルギー反応を起こしたりといった肌荒れを起こす可能性があります。したがって、乾燥肌の人や敏感肌の方はクレンジング剤に添加物が含まれていないか注意しましょう。

添加物が一切含まれていない無添加クレンジングなら、添加物による影響がないので乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。

 

まとめ

クレンジングには様々な種類がありますが、敏感肌や乾燥肌の人がクレンジングをする場合は肌に刺激を与えないクレンジング剤を使うのがおすすめです。特に高い洗浄力と肌に与える刺激の少なさを両立したクレンジングバームはおすすめなので、自分に合うクレンジング剤が見つからない時に使ってみてはいかがでしょうか。

 

特にRIMEDO(リメド)ウォータリーバームはおすすめです。

RIMEDOのウォーターリーバームはポンプから出るクレンジングバームで、独自のハイブリッド型乳化技術で実現したクッション層状構造で摩擦を軽減しつつ、ウォータープルーフメイクまでしっかりと絡め取ってくれます。

しかも肌に馴染ませるだけで簡単に落とせるだけでなく、モロッコ溶岩クレイや炭がたっぷり配合されており、毛穴汚れや角栓の黒ずみも落としてくれるので洗浄力の高さと肌への優しさを両立させたクレンジングです。

ポンプから出るクレンジングバーム-RIMEDOウォーターリーバーム


監修者:東京大学 薬学博士 杜 垚

監修者

薬学博士・杜 垚

東京大学農学部を首席の成績で卒業、同年東京大学農学部長賞を受賞。
東京大学大学院薬学系研究科で分子薬学博士号を取得。
大手化粧品会社にてスキンケア、ヘアケア、クレンジングの研究開発や成分配合に長年従事。
2020年株式会社Merry Plusを設立、代表取締役に就任。

関連記事一覧