肌が薄い人はクレンジングが命。敏感肌におすすめのブランドも紹介!

 季節の変わり目や、秋冬のシーズンは、

  • 肌が乾燥してカサカサしている
  • かゆみや赤みが出る
  • シミやくすみが目立つ
  • ニキビや吹き出物ができる

などの肌悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

原因はもしかすると、あなたの肌が薄いことにあるかもしれません。

肌トラブルの原因は、紫外線やスキンケアの摩擦などさまざまです。ところが、そもそも肌が薄い人は、外部からの刺激に敏感です。肌がダメージを受けやすく、肌荒れが起こりやすい状態になっています。

少しでも肌への負担を減らし、刺激に強い肌をつくるために、スキンケアを見直すことが大切です。

こちらの記事では、肌が薄い人に向けた正しいスキンケア方法を説明します。さらに、敏感肌に合うクレンジングブランドも紹介します。

肌トラブルを抱えている人はこの記事を参考にスキンケアを改善して、健康な肌を手に入れましょう。

 

目次

     

    敏感肌・乾燥肌の原因とは?

    敏感肌・乾燥肌の原因

     

    敏感肌とは、言い換えると「皮膚のバリア機能が低下した肌」です。皮膚のバリア機能とは、紫外線や外気の乾燥といった外部刺激から肌を守る機能のこと。
     
    肌のターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下します。そして、肌が乾燥したり、ニキビやシワができやすくなったりします。
     
    肌のターンオーバーが乱れる原因には、下記のような外的要因と内的要因があります。
     
    【外的要因】
    ・紫外線によるダメージ
    ・温度や湿度の変化
    ・汗・ほこり・花粉の付着
    ・間違ったスキンケア
    など
     
    【内的要因】
    ・生活習慣の乱れ
    ・食生活の乱れ
    ・精神的ストレス
    ・睡眠不足
    など
     
    肌が薄いと、紫外線や大気汚染といった外的要因の影響を受けやすいです。
     
    肌が薄い人が健康な肌を保つためには、肌が丈夫な人よりも、スキンケアに気をつかう必要があります。正しいスキンケアを実践することで、ダメージを受けにくい肌をつくれます。
     
    ここからは、肌が薄い人のスキンケアにおいて、特に注意するべきポイントを解説します。


    肌が薄い人のスキンケア

    肌が薄い人のスキンケア

    肌が薄い人が気をつけるべきポイントは、「とにかく肌に刺激を与えない!」ということ。

    スキンケアで肌の刺激となりやすい要因は、下記の通りです。

    【スキンケア中の主な刺激】

    • メイク落としや洗顔で肌をこするときの摩擦
    • 洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料
    • 界面活性剤やアルコール、防腐剤などの刺激が強い成分
    • 熱いお湯で顔をすすぐことによる乾燥
    • ピーリング成分が入ったスキンケア製品

    スキンケアでもっとも忘れがちで、注意が必要なのはクレンジングです。

    肌が乾燥したり、敏感になったりすると、化粧水や美容液を使った保湿に注力しがちです。スキンケアにおいて、もちろん保湿は大切。しかし本来は、つけることより、いかにきちんと落とすかが大事です。間違ったクレンジングでバリア機能を壊さないように気をつけなければなりません。

    クレンジングを見直すことで、肌への刺激を抑えられます。そして、紫外線や湿度の変化などの外部刺激に強い肌をつくることができます。

     

    肌が薄い人のクレンジング

    肌が薄い人のクレンジング

     

    肌が薄い人にとっては、「肌に刺激を与えないクレンジング」が特に大切です。

    適切なクレンジングの選び方と使い方を理解しましょう。

     

    肌に合ったクレンジングを選ぶ

    肌に合ったクレンジングを選ぶ

     

    まずは、自分の肌に合ったクレンジングを選ぶことが必要です。

    敏感肌の人がクレンジングを選ぶときに、チェックしてほしい3つのポイントを紹介します。
     

    ① 低刺激の成分

    市販のクレンジングは、販売価格を下げるために、肌に刺激を与える成分が含まれていることがあります。
     
    下記の成分が含まれている商品は、肌への刺激が強く、肌トラブルにつながる可能性があります。 
     
    【肌への刺激が強い成分】
    ・アルコール
    ・パラベン
    ・石油系界面活性剤
    ・香料
    ・着色料
    ・紫外線吸収剤
     
    肌が薄い人は、なるべく上記の成分が含まれていないクレンジングを選びましょう。
     

    ② ほどよい洗浄力

    肌が薄い人は、洗浄力が弱すぎず、強すぎないクレンジングを選んでください。
     
    洗浄力が弱いと、メイクが肌に残り、肌荒れの原因となることがあります。一方で、洗浄力が強すぎるクレンジングは、肌に必要な油分や水分まで落とし、肌の乾燥を招いてしまいます。
     
    一般的に、石油系の界面活性剤は洗浄力がとても強いです。肌が薄い人には石油系ではなく、植物系やアミノ酸系の界面活性剤を使ったクレンジングがおすすめです。
     

    ③ なめらかなテクスチャー

    なめらかなテクスチャー

     

    敏感肌の人は、テクスチャーがなめらかな商品を選びましょう。
     
    クレンジングは、オイルタイプやクリームタイプ、バームタイプなどさまざまな種類があります。
     
    どのタイプでも、テクスチャーにとろみがあり、伸びのいいものがおすすめです。肌をこすらず、スルッと伸ばせるので、摩擦によるダメージを低減できます。
     
    以上3つの観点から、肌にやさしいクレンジングを選びましょう。
     

    正しいクレンジング方法を身につける

    正しいクレンジング方法を身につける

     

    肌に合ったクレンジングを選んだら、次は正しいクレンジング方法を実践しましょう。どの商品にも共通する、基本的なクレンジングのポイントを紹介します。
     

    ポイント1:クレンジング前に、ハンドソープで手を洗う

    手が汚れていると、クレンジングが手の汚れを吸収してしまい、メイクをきちんと落とせません。手についた雑菌によって、肌トラブルにつながる可能性もあります。
     
    まずは、ハンドソープでしっかりと手を洗い、清潔な手でクレンジングをはじめましょう。
     

    ポイント2:商品に記載されている使用量を守る

    クレンジングの使用量が少なすぎると、肌をこすりやすくなります。商品に記載されている用量を守って、十分な量を使いましょう。
     

    ポイント3:Tゾーンから、頬、目、口の順番で顔全体に伸ばす

    まずは、おでこや鼻など、皮脂の多いTゾーンにクレンジングを乗せます。そして、頬、目、口の順に伸ばしていきます。
     

    ポイント4:なるべく肌に直接触れず、やさしくメイクになじませる

    クレンジングを伸ばすときは、肌に指の圧力がかかりすぎないように注意してください。肌の上をやさしくなぞり、メイクになじませていきます。
     

    ポイント5:30~32℃程度のぬるま湯ですすぐ

    クレンジングが顔全体になじんだら、冷たすぎず、熱すぎないぬるま湯(30~32℃程度)で顔をすすぎます。
     
    シャワーを直接顔に当てるのは、水圧が肌への刺激になるので避けましょう。こめかみや生え際、フェイスラインなどにすすぎ残しがないように気をつけてください。
     

    ポイント6:清潔なタオルを肌に当てて水気を取る

    クレンジング後は、清潔なタオルをやさしく肌に当てて水気を取ります。タオルで顔をゴシゴシ拭いて、肌を傷めないように気をつけましょう。
     
    上記の基本を押さえたうえで、使用する商品の用法を守り、正しくクレンジングをしましょう。

     

    肌が薄い人におすすめのクレンジングブランド「RIMEDO」

    肌が薄い人におすすめのクレンジングブランド「RIMEDO」

     

    肌が薄く、敏感肌の人におすすめなのが、「RIMEDO」という新ブランド。
     
    クレンジングのプロフェッショナルによる、クレンジング特化のブランドです。
     
    メイク落としによる肌への負担が気になる人に向けた、こだわりの3商品を展開。肌にやさしい処方でありながら、メイクや毛穴汚れまでしっかり落とせるのが特徴です。
     
    フォーマットやアクティブ成分が異なるので、自分の肌悩みや洗い心地の好みに合ったクレンジングが見つかりますよ。
     
    肌負担の低減をとことん追求した「RIMEDO」のこだわり3つを紹介します。
     

    ① 肌に塗ってもいいくらいの低刺激処方

    肌に塗ってもいいくらいの低刺激処方

     

    「RIMEDO」のクレンジングは、肌へのやさしさに徹底的にこだわっています。

    下記のような、余計な添加物や肌の刺激となる成分は使用していません。

    【不使用成分】

    • パラベンフリー
    • 石油系界面活性剤フリー
    • アルコールフリー
    • 合成着色料フリー
    • シリコーンフリー
    • 紫外線吸収剤フリー


    界面活性剤は、石油系ではなく植物系やアミノ酸系100%を使用。クレンジング力を維持しつつ、界面活性剤の配合パーセンテージを抑えることに成功しました。

    肌に塗っても問題ないほど、刺激の少ない処方となっています。

     

    ② 摩擦を低減するこだわりのテクスチャー

    摩擦を低減するこだわりのテクスチャー

     

    「RIMEDO」は独自技術により、ユニークで肌なじみの良いテクスチャーを実現。
     
    フォーマットがなめらかなので、肌にスッとなじみます。ぬるま湯ですぐに落ちるため、ゴシゴシ洗う必要ありません。クレンジングを伸ばすときと、洗い流すときに発生しやすい摩擦を抑制します。
     
    3商品とも、使用中にテクスチャーが変化。感触を楽しみながらメイクを落とせるのも「RIMEDO」独自の魅力です。

     

    ③ 肌表面と毛穴内部のクレンジングを両立

    肌表面と毛穴内部のクレンジングを両立

     

    肌の汚れには、皮脂やメイクなどの油溶性、ほこりや汗などの水溶性があります。
     
    「RIMEDO」のクレンジングは、先進的な乳化技術により、水溶性と油溶性の両方の汚れにアプローチ。肌表面に付着したメイクやほこり、毛穴内部の汗や皮脂にすばやくなじみます。
     
    そのため、1つのクレンジングで肌表面と毛穴内部のケアが完了。ダブル洗顔は必要ありません。
     
    肌が薄い人や敏感肌の人にとって、自分に合ったクレンジング選びは時間がかかるもの。「コレ!」という商品がなかなか見つからない方は、「RIMEDO」のクレンジングをチェックしてみてはいかがでしょうか?

     

    関連記事一覧